化繊の着物を高値で買い取ってもらうにはなにが大切?

化繊の着物を高値で買い取ってもらうにはなにが大切?

 

絹以外の着物買取は価値が下がる?

 

着物の価値はやはり素材で決まってきます。売る時にはどんな素材の着物かが査定士によってチェックされます。ではどんな素材は高値が付くのでしょう?それはやはり正絹と呼ばれる絹100%の着物です。正絹であれば古いものであっても高値が付くことがほとんどです。さらに折り方が丹後縮緬など有名なものだとまた格が高くなります。

 

着物の他の素材には絹以外の素材で、ウールやポリエステルなどの化繊があります。これらはお家でも洗濯ができとても扱いやすい着物です。その反面普段着用ということもあり安い着物なので、古いほど価値が薄れてしまい、場合によっては値段が付かないということもあります。

 

新しいものならそれでも売れることもありますし、状態によっては査定の額も違ってきますが、基本的には絹でない着物は高値はつかないと考えていた方が良いかもしれません。

 

できるだけ高く買い取ってもらうには?

 

 

ウールやポリエステルなどの化繊でももちろん買い取ってもらうことはできます。ですが先ほど触れたように高値が付きにくいというのが現状です。

 

もしこのような普段着用の着物がたくさんあるという方はいくつかの点に注意して買い取ってもらうと少しでも高く売れるかもしれません。

 

付属品の保管

 

どんな着物も保証書、(一般に証紙といわれますが)着物の品質を証明する紙が付いています。古い着物になるともう捨てたかどこにいったか分からないというものもあるかと思いますが、今でも普段着用に着物を買っているという方はその時についてくる保証書を捨てずに大切に保管しておきましょう。

 

保証書が無いのとあるのとでは買取価格に大きな差があります。どんなに高級な着物であっても保証書がないことで信頼性がなくなってしまうためいくらか価値が下がってしまいます。

 

保証書がなんの役に立つの?と捨てていた方は多いかもしれません。また購入した時には買い取ってもらうなど考えないのでいらないと判断されてしまうことも多いです。さらにたとう紙もとっておくと買取額に影響します。たとう紙というのは着物を買った時着物が包まれていた紙です。

 

これもついていた方が良いようです。つまり買った時についていたものはそのまま大切に保管しておくことが売る時のポイントとなるということです。さんざん着た着物だからそんなものが付いていても変わらないのでは・・?とお思うかもしれませんが実はとっても大切です。

 

ですから購入した時の付属品はきちんととっておきましょう。

 

日ごろの扱い方に気を付ける

 

当然ですが汚れや染みがあるとそれだけで買取額が下がってしまいます。買取業者としても買い取った後に染み抜きなどをしなくてはいけないのでその分手間がかかり、それが買取額に反映されてしまいます。

 

この点は高級呉服であっても化繊の普段着用であっても同じです。とくに絹以外の素材の着物はそれだけでも買取の際にハンデがあるのでいかにきれいな状態で売るかが重要になってきます。

 

もしかしたら価値はほとんどなく引き取ってもらうだけのものでも、保存状態がきれいなものなら100円でも200円でも高値が付くかもしれません。これからも着物を普段着として使い続けるという方は将来売ることにもなるかもしれないので、日ごろから大切に着るようにしましょう。

 

タンスにしまう前には着物に汚れや染みなどかついていないかを確認し、もしあったら適切な方法で落とすようにします。ブラシなどでついてしまった誇りをやさしくとりそれからたたんでしまうようにしましょう。

 

着物は湿気に弱いのでしまう時にはカラッとした日を選ぶと良いかもしれません。タンスの中に防虫剤や乾燥材をいれておくのも良い方法です。このように、実は着物を売る直前にできることというのはほとんどありません。

 

普段の扱い方が査定額を決めるということを覚えておきましょう。

 

丁寧に畳んでおく

 

これは着物の価値という点では直接関係しないのですが、査定士が見た時にぐちゃぐちゃになった品物を見るより、きちっとたたまれていて丁寧に扱われている着物の方が印象が良くなります。

 

出張査定で自宅に来てもらう時も、宅配査定でお店に送る時もどちらも丁寧に扱っていることが分かるような方法で準備しておきましょう。

 

まとめて売る

 

これはどの買取会社にも共通して言えることですが、たくさん売ればその分買取額が高くなります。一度にたくさんの品を仕入れられるので手間も減りますし、買取業者も楽なのです。ですから売りたいと思うものはまとめてとっておき一度に買い取ってもらうことがおススメです。

 

化繊の着物だけでは値がつかなくても和装関連の小物など不要になったものはなんでも査定してもらってください。「おまとめ買取で買取価格20%アップ」などのキャンペーンをしている業者もあるのでぜひ活用しましょう!

 

着物は素材で価値が付くため化繊のものはどうしても値が下がってしまいます。ですが付属品をとっておいたり、大切に扱っていることで良い状態ならいくらかでも値が付く場合もあります。

 

大切な着物を少しでも高く売るために今からできることをしておきましょう。

関連ページ

絞りを売るなら着物買取専門店がおススメ!
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。絞りを売るなら着物買取専門店がおすすめです
高く売れる着物の特徴は?
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。高く売れる着物の特徴はなにがあるのでしょうか
少しでも高く着物を売りたい!買取価格を上げる方法とは?
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。買取価格を上げる方法とはどのような方法でしょうか
着物高価買取のポイントは?
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。着物高価買取のポイントとはどのようなことでしょうか
着物買取店選びのコツ!東京で着物を売るなら?
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。着物買取店選びとはどのようなことでしょうか。東京でおすすめのお店とはどこなのでしょうか