着物高価買取のポイントは?

着物高価買取のポイントは?

 

着物の買取価格

 

着物の買取価格はその種類によって違います。ですがどんな着物であっても高く売れるポイントがあります。

 

良い保存状態

 

着物そのものの価値はブランド品か無銘でそもそも変わってきます。自分が売りたいと思っている着物が高級品か無銘かに関わらずその保存状態で価格に差が出てきます。ですから買取査定に出す前には、まず保存状態を確認しておきましょう。

 

当然ですが、まだ仕付け糸がついているような未使用の物や新品のもの、また着用回数が少ないものほど高値が付きます。着物関係の仕事などをしていたり、周りからプレゼントされることが多いという人でない限りは、一度も着たことのない着物が家にあるということはないかもしれません。

 

ですが、そうした新品の着物があるとして売ろうかなと考えている場合は、10年以内の着物であれば高く買い取ってくれるお店が多いようです。また10年以上前の古い着物でも、有名作家の作品や色柄、保存状態がいいものは高額査定になることもあります。

 

着物はシミや色落ち、汚れや虫食いなどがあると価値が下がってしまいます。ですから普段の取り扱いには十分注意しましょう。しっかりと保管しているつもりでも、絹はだんだんと劣化していくためぱっと見なんともないようでも、裏地が褐色になったり金銀採、箔が変色してしまっていたりすることがあります。

 

このようにどんなに良質の着物でも、タンスに長い間しまっておくと劣化してしまうため、そうなる前に着ない着物は買取査定にだすことをおススメします。

 

着物の種類

 

高額査定の判断基準となる項目には「生地の質」「サイズ」「作家物」「産地」「流行りの柄」などがあります。着物の生地の質には絹、ウール、化繊などがあります。特に正絹100%はその中でも価値が高く、正絹でないと高額買取対象にはならないといわれています。

 

ウールや化繊は取り扱い方法が簡単で需要もありますが、着物としても価値がやはり下がってしまうため満足のいく買取値はつかないことが多いです。もちろん化学繊維の着物でも買取をしている業者はありますが、買取額はあまり期待しない方がいいかもしれません。

 

買取はまとめてしたほうが価格がアップするので化繊の着物がいくつもあるという場合、まとめて売れば多少値段が上がることもあるかもしれません。

 

正絹の着物は絹の重量を示す匁(もんめ)が大きいほど高額査定につながる傾向にあります。正絹の着物は高額ですがのちのち売るかもしれないと思うなら購入する価値のある着物です。また財産として残したいという場合も良いかもしれません。

 

化学繊維の着物は安価なので一回しか着ないものと分かっていたり、反対に普段着用として着用する機会が多いという時に向いている着物です。売る時にはほとんどお金にはならないということも覚えておきましょう。

 

サイズに関しては小さすぎたり大きすぎたりする着物は買い手がつかずに、リサイクル用の生地としての価値しかないため価格が低くなってしまいます。ですがどちらかというと大きいサイズの方が小さい方よりまだ高値が付きます。

 

ちょどよいサイズに仕立て直すことができるためです。作家物には人間国宝の作品から工芸会、有名作家の着物、老舗呉服屋の仕立物などが高額買取の対象です。さらに産地も価格に影響します。

 

加賀友禅、京友禅、越後上布、丹波布、結城紬などの着物は高額査定となります。ですがあまりにも流行からかけ離れた柄だと査定額が低くなることもあるようです。

 

着物の種類は訪問着が一番高額査定なりやすく、それに続いて振袖→紬→留袖→小紋という順番になっているようです。

 

証紙の有無

 

証紙とは着物の品質や産地などを証明するためにある用紙のことです。ちゃんとした着物であれば必ず一緒に証紙もついてきます。証紙がついているかそうでないかで着物の査定額は大きく変わってきますので、買取に出すときには必ず同梱するようにしましょう。

 

昔の着物だからもうどこにいったからわからない、ということもあるかもしれませんが、そのまま着物を保管してあればたいていはたとう紙の中にないっているので探してみてください。

 

さらにこのたとう紙も一緒につけた方が買取額が高くなるといわれています。買取業者のホームページなどをみていると、証紙とたとう紙はあれば必ず一緒に同梱してくださいと指示されています。その方が高値が付くからです。

 

着物はシミや汚れ、傷のない保存状態の良いものが高額買取してもらえます。着物を着るときにはなるべく汚れが付かないように気を配りましょう。そして大事なのは着物をしまう時です。

 

汚れに気が付かずタンスにしまってしまうと余計に汚れが落ちにくくなります。保管前には汚れが無いかどうかをしっかりチェックしてからしまうようにしましょう。

 

また新品の状態でしまっておいてもタンスの肥やしになってしまい生地が劣化してしまうこともあります。ですから着ない着物は劣化する前に早めに買取業者に高値で買い取ってもらいましょう。

 

高値がつく高級呉服であっても無銘であっても保存状態は買取価格に響いてくるので日ごろの扱い方には十分気を付けてくださいね。

 

関連ページ

化繊の着物を高値で買い取ってもらうにはなにが大切?
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。化繊の着物を高値で買い取ってもらうにはなにが大切でしょうか
絞りを売るなら着物買取専門店がおススメ!
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。絞りを売るなら着物買取専門店がおすすめです
高く売れる着物の特徴は?
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。高く売れる着物の特徴はなにがあるのでしょうか
少しでも高く着物を売りたい!買取価格を上げる方法とは?
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。買取価格を上げる方法とはどのような方法でしょうか
着物買取店選びのコツ!東京で着物を売るなら?
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。着物買取店選びとはどのようなことでしょうか。東京でおすすめのお店とはどこなのでしょうか