不要になった着物。処分する前にまず査定してもらいましょう!

不要になった着物。処分する前にまず査定してもらいましょう!

 

着物の価値

 

着物の価値を決めるには様々な要素が関係しています。ですから査定はとっても難しく、その査定士やまたお店によっても変わる場合があります。基本的に着物の質そのものの価値がまず大事となります。ブランド品や作家物などは買取の際に高値が付きます。

 

その他に柄や色、そして状態などが加味されます。特に買取に出す場合はその後改めて商品として売られることになりますから、品物の状態というのは非常に重要になってきます。

 

シミや汚れなどはついていても専門業者できちんと処理されるので、消えてしまえば元通り綺麗な状態で売ることが出来ます。ですが直せないほど状態が悪いと、買い手がつかないと考えられますので、買取業者としても高額での買取が出来なくなってしまいます。

 

着物の色が全体として褐色してしまっている着物というのもやはり価値が下がってしまい、場合によっては買い取ってもらえないということもあります。もう着ることもないのでなんとか買い取ってもらえるとありがたいと思えますが、買い手側の事を考えると仕方のないことかもしれません。

 

また痛みが激しいという場合も査定に非常に大きな影響を与え、安い買取になってしまうか、もしくは買取に応じてもらえないということもあります。

 

古い柄や色の着物は高く売れない?

 

柄や色は査定の重要なポイントとなります。まず柄ですが、柄には流行があります。着物には流行り廃りがなくどんなものでも状態が良いならそれなりに価値があると考えられがちですが、これは実は間違いなのです。洋服に流行りがあるように着物にも流行りがあります。

 

需要が無ければ買取業者も高い値で買い取ることが出来ないので、流行りが過ぎてしまった柄の着物だと査定額も下がってしまう可能性があるのです。逆をいうと、流行っている柄の着物は買取手もすぐに見つかると予想できるので、査定結果も良くいい値段で売れるかもしれません。

 

着物の流行りの周期は10年といわれているので、10年以内に作られた着物なら高値が付く可能性があります。ですが古いからといって安い買取額になってしまうかというとそうでもありません。

 

着物の柄には古典柄と呼ばれる柄があります。古典柄は有効に左右されず人気があるため高額買取が期待できます。ですから基本的には流行っている柄の方が買取値が高く、古いもの着物は古典柄以外は値が下がってしまうという状況です。といっても注意したいのが流行りの柄でもあまり奇抜な個性的なものは需要が少ないようです。

 

柄の場合は古くても需要があれば高く売れますが、色はそうはいかないようです。古くなって色がくすんでしまうとどうしても査定の結果に響きます。これはたとえ高級な着物であっても言えることです。くすんだ色の着物は価値が下がってしまいます。

 

時間が経てばどうしても色は劣化してきてしまいますが、保管の仕方や扱い方によっては上手に綺麗な色を保たせることもできます。そのためどれだけ大切に扱ってきたかがポイントになってきます。

 

査定士はすぐに、色がくすんでしまったのかそれとも元々の色かを判断できるのでごまかせません。ですから着物を購入した時には、将来売るかもしれないということも考えて状態が悪くならないように、大切に扱いましょう。

 

 

 

どんなものでもまず査定してもらいましょう

 

こうしたことを考えると自分の着物は値が付かなそうだから処分しよう・・と思ってしまうかもしれません。でもどんな状態でも不要なのであればまずはプロに査定してもらうようにしましょう。プロの査定士が査定をしてくれますから、着物の価値をきちんと判断してくれます。

 

素人だとシミがついてるだけでもダメだろうと思ってしまうこともあります。ですがプロのみるところは違うところなので自分で判断せずに一度査定してもらうと良いでしょう。

 

多少状態が悪くても思うわぬ値段が付くこともありますし、もし値段が付かなくても業者によっては無料で引き取ってくれるところもあります。どうせ不要な着物なら値段が付かなくても使い道はないので、無料で引き取ってもらった方が楽ですね。

 

値段が付かないのは少し残念ですが、処分しなくてはいけない不要な着物を、代わりに引き取ってくれると思えばそれもまた十分便利なサービスといえます。

 

着物は実際に査定をしてもらわないと本当の価値は分からないので、とにかく不要な着物は査定をしてもらうことをおススメします。

 

 

 

古くなった着物でもなんでも査定します!という買取専門店はあります。特にネット買取業者は取り扱っている着物の種類も多くどんなものでも査定を引き受けてくれるのでおススメです。

 

宅配や出張査定を行っているので、重たい着物をお店までもっていく手間もありません。探してみると査定だけでもしてくれるところもあるので、無料査定を引き受けており、キャンセル料もかからないところを選ぶと良いでしょう。

 

着物は大切な財産ですから、購入した時から使用中も、また使わなくなってからも大切に保管するようにしてくださいね。

 

 

 

関連ページ

ウール着物はどこで買い取ってもらえる?
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。ウール着物はどこで買い取ってもらえるのでしょうか
着物買取はどうやって頼めばいいの?出張査定と宅配査定の比較。
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。出張査定と宅配査定はどのような違いがあるのでしょうか
不要になった振袖、買取ならココがおススメ!
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。不要になった振袖どのようにしたらいいのでしょうか
留袖の買取相場価格は?
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。
買取専門店を上手に選んで着物の買取価格をアップさせよう!
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。買取価格をアップさせるのにはどのような方法があるのでしょうか