着物買取徹底解説講座|着物買取の疑問にお答えします

留袖の買取相場価格は?

 

留袖とは?

 

着物にはいろいろな種類があります。振袖・訪問着・付下げ・留袖などです。留袖の歴史は江戸時代にさかのぼります。若い女性が着る振袖を、結婚後に袖の部分を短くして振りの部分を見ごろに縫いとめていたことから、既婚女性の礼装として誕生しました。

 

現在留袖として知られているのは下半身部分に模様の入った着物です。格式の高い着物なので結婚式で用いられることが多く、裾の部分に入っている模様がとても上品です。地色が黒の黒留袖と、それ以外の色の色留袖の2種類があります。

 

より格調高いのは黒留袖といわれています。未婚の女性は留袖ではなく振袖を着用しますが、既婚女性の場合は留袖を着用します。これで既婚者か未婚者かが区別されます。留袖は地色が黒以外で五つ紋付けのものや、白の比翼仕立て、さらに染め抜きの五つ紋などは第一礼装として使用されています。

 

一般には三つ紋や一つ紋が準礼装として着用する機会が多いです。このように着用は正式な場での礼装として着用する機会が多いため、それだけ需要も高くなります。買取業者としてもある程度高く買い取ってもその後すぐに買取手が見つかると予想できるので、高額買取も期待できます。

 

ですからもし、新しい留袖を購入したりして、着なくなった留袖があるなら買取業者に買い取ってもらうのがおススメです。

 

留袖の種類と相場

 

留袖を売ろうかと考えるとき買取相場は気になりますね。買取価格の相場は留袖の種類によっても異なります。先ほども触れましたが、留袖には黒留袖という地色が黒のものと、それ以外の色の色留袖があります。

 

時代の流れで明治時代にブラックがフォーマルにふさわしいという考え方が広まり、黒留袖が五つ紋をいれて第一礼装として使用されるようになりました。色留袖は五つ紋、三つ紋、一つ紋、無紋のもがありそれぞれ着用目的によって変わってきます。

 

ちなみに宮中では黒は喪中の色ということで避けられ、色留袖が着用されています。一般的には留袖というと、黒留袖を思い浮かべる人が多いと思います。そんなこともあり黒留袖の方が色留袖よりもメジャーで需要も多く、安いものも含め数が多いです。

 

礼装ということもあり大人になれば一人一着は持っているかもしれませんね。買取の相場は中古品なら黒留袖が6,000円〜12,000円、色留袖が8,000円〜12,000円となっています。未使用の状態の高級品ならどちらも25,000円〜30,000円程度で売れる場合もあります。

 

未使用で売るということはあまりないかもしれませんが、一般の着物が未使用で10,000円前後の相場であることを考えると、やはり留袖は高く買い取ってもらえるということが分かりますね。

 

ただこの金額は目安なのではっきりした金額が知りたい時には、査定士にみてもらうのがよさそうです。

 

高買取は留袖の質や状態がポイント

 

 

留袖は普通の着物と違って需要も高く、買取でも高値が付きやすいですが、そうはいってもやはり品質や状態は査定の際に大きなポイントとなってきます。

 

例えばシミや汚れが酷かったり、傷み具合が激しいとどんなに人気があっても査定価格が下がってしまいます。ですからたとえ不要になって着なくなった留袖でも保管状態には気を使って、大切に保管しておくようにしましょう。

 

使う頻度が多いからこそ、どこかの汚れがついてしまったり、飲食物が付いてしまったりすることが多くなります。しまう前には忘れないうちにしっかりと汚れを落としてきれいにしてから保管するようにしましょう。

 

さらに買取額をアップさせたいのなら付属品の保管も重要です。着物にはすべて証紙や証明書が付いています。これは着物の価値を評価する上で大切な判断材料となりますから、捨てずに保管しておきましょう。証紙がないのとあるのとでは買取価格に大きな差が出ます。

 

着物の保管方法

 

着物を脱いだ後にそのまますぐたたんでしまってしまうという方がいるかもしれません。ですが実はこれは正しい方法ではありません。

 

着物を脱いだ後はまずハンガーなどにかけて着物の表面に着いたほこりなどを落とします。この時手ではなくブラシのようなもので優しく払うのが良いでしょう。

 

このときにシミや汚れをチェックし、もし見つけたらこの時にしっかり対応することが大切です。着物は湿気に弱いのでタンスに収納するときには雨の日ではなく、天気の良い日がいいでしょう。

 

タンスの中には防虫剤や湿気取りを置いておきましょう。
 
このように正しい保管方法で大切な着物を長持ちさせ、良い状態を保てるようにしておきます。今度いつタンスから出すかわからないですし、もしかしたら売却の時かもしれません。

 

良い状態で保管しておけば高値で売れると期待できます。

 

 

もし使っていない留袖があったら、状態が良いうちに高額買取で買い取ってもらいましょう。もう絶対使わないと分かっているなら閉まっておいて劣化するのを待つより、今売ってしまった方が高値で売れます。

 

そして今使っている留袖は大切に保管して長持ちさせるようにしましょう。

関連ページ

ウール着物はどこで買い取ってもらえる?
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。ウール着物はどこで買い取ってもらえるのでしょうか
着物買取はどうやって頼めばいいの?出張査定と宅配査定の比較。
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。出張査定と宅配査定はどのような違いがあるのでしょうか
不要になった振袖、買取ならココがおススメ!
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。不要になった振袖どのようにしたらいいのでしょうか
不要になった着物。処分する前にまず査定してもらいましょう!
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。不要になった着物は処分する前にまず査定してもらいましょう
買取専門店を上手に選んで着物の買取価格をアップさせよう!
着物を売る方法には、どのような手段があるのでしょうか?着物買取は着物専門なので着物を丁寧に扱ってくれます。また着物専門なので丁寧な説明もしてくれます。宅配査定や出張査定してくれるなど多くのメリットがあります。買取価格をアップさせるのにはどのような方法があるのでしょうか